【おすすめ快眠法】夕食時は紅茶を飲むことで夜に安眠できる

私は栄養士をしており、早番遅番が交互にあります。
遅番からの早番の日は、22時終わりの4時半スタートで、睡眠時間が平均4時間になります。

寝付けなかった日の早番は体力的にキツく、眠いあまりにミスしてしまうこともありました。
ちゃんと仕事をこなす為には、睡眠の質を上げることが大切と悟り、リラックスして快眠できる方法を色々と調べてみました。

調べてみるといくつか出てきますが、私は寝る前ではなく、夕食時に紅茶を飲むという方法を実践してみました。
紅茶を飲むときは冷たい紅茶ではなく温かい紅茶で。
砂糖やミルクはいれません。

なぜ寝る前でなく夕食時かというと、紅茶にはカフェインが含まれているため、寝る前ですとカフェインの効果で逆に寝れなくなってしまうからです。
ですので、寝る数時間前に食べる夕食時で紅茶を摂取します。
飲んでからお風呂に入ったりテレビを見ていると、カフェインが薄まりよりリラックス出来るような感じになります。

さらに、嬉しいのが紅茶にはダイエットを促進する効果もあり、体を絞りたいと思っている方にもおすすめです。

私はこの方法で入眠するようになってから、劇的に睡眠効率が上がったと思います。
それ以来、睡眠の質を上げることにハマってしまい、最近は寝具にもこだわり始めました。

まずはマットレス。
高反発マットレスは、腰痛にも良いと聞き、愛用していますが、かなり良いと感じます。

元々、腰痛持ちという状況も相まってか、腰痛の負担が限りなく私生活に影響しなくなりました。
次はモットン製品の枕を使用してみようと画策していますが、最近金欠気味なので、それはまた別の機会に(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *