安眠は健康の要

主婦業の傍ら、週に3回は深夜帯まで仕事をしています。
朝は早くから弁当作り、家事もこなさないといけません。
確保できる睡眠時間が3時間という事もよくあります。

ですので睡眠は量より質。
たとえ3時間でもぐっすりと眠ることが出来れば、翌朝に疲れを残すことなくスタートできます。

深夜まで仕事をしたときに帰宅後、ゆっくり湯船につかっていたら朝になってしまいます。
体の汚れを落として、一刻も早く寝るべきだと考えます。
熱いシャワーは体を覚醒させますから、ぬるめのシャワーで全身を洗います。
すぐにお風呂から出て、着替え、スキンケアをしたら髪を乾かします。

寝室は薄暗くしておきます。
目覚ましは朝6時にセット。
布団に入ったら真っ暗にし、目をつぶってしまいます。

寝付けない時もいったん真っ暗な部屋で目をつぶってしまえば、意外に寝てしまうものです。
スマホやテレビの画面を見ていると、どんどん寝付けなくなります。
それらはすべてオフにして、体を休めることです。
不規則な生活をリセットしたい方には試していただきたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *