心地よい睡眠のカギは体温調節にアリ

心地よい睡眠のためには、いざ眠りに入る前の準備が非常に重要です。
中でも、体温を、眠りに適したものに調節することが基本的に重要です。
体温を眠りに適したものにするために、私が普段気を付けていることをいくつか紹介したいと思います。
まず、食事についてです。
心地よい眠りのためにとくにオススメしたいのは、辛い食べ物です。
人が眠りに入るのは、体温が下がった時です。辛い物を食べると、体温が一時的に上昇し、その後体はそれを下げようとします。
だいたい食後3時間くらいで、体は体温をさげますので、それが眠りに入るいいタイミングです。
続いて、入浴についてです。眠るちょうど1時間前くらいに済ますのがよいです。
先ほどの話と同様に、入浴すると、一時的に体温が上昇します。その状態では、眠りには適していないのですが、少し経つと、体が体温を下げようとします。
体温が下がり始めるのが、入浴後1時間くらいなのです。
以上のように、心地よい眠りのためには、体温調節がカギとなります。
みなさんも、良い体温習慣を身につけて快適な睡眠を!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *