寝る準備をしっかりとすることが大事

現在は、23時頃に就寝し朝6時に起床する生活を送っています。
これまでの経験から、7時間の睡眠時間が自分にとって最適な長さということが分かり、7時間は睡眠をとるようにしています。
10代20代の頃は若いこともあり、睡眠については全く考えたこともなく、「適当に寝る」というものでしたが、30代からは体力が無くなってきたことを実感するようになり、
快眠に気を使うようになりました。
「就寝の2時間前までに食事を終わらせる、夜食は取らない」「睡眠1時間前からは、パソコンをいじらない」「ベットでスマホを見ない」ということを、日ごろ実践しています。
もともとは、スマホを肌身離さずいじるタイプでしたが、あらゆる場面で、就寝時のスマホいじりは快眠の妨げになるということを知り、辞めるようにしました。
また、パソコンも同様です。
これらを改善したことで、深い眠りにつけるようになったようで、朝起きた時に、疲れがしっかりと取れるようになりました。
私と同じように、サラリーマンやOLの方など働く人にお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *